ロッベン、イングランドからの熱視線

バイエルン・ミュンヘンのアリエン・ロッベン(28才)は、イングランドへの移籍も臭わせている。「ここ数週間、いろいろなことがあった。3試合でプレーできなかったし・・・ 自分にとっては、いい時ではなかった」。どうも、イングランドの2つのクラブがロッベンに興味を示しているらしい。そのうちの1つ、トッテナム・ホットスパーはすでにロッベンの父親と提示内容についての話をしているという。ただ、トッテナムにとっては、ロッベンの年俸は高すぎる。もう一つのチームは、マンチェスターのトップチーム、そしてFCチェルシーという噂が。チェルシーでは、ロッベンは2004年から2007年にプレー。バイエルンは、2011年秋から、ロッベンとの契約延長(本来は2013年まで)を模索している。ロッベンは、同郷のファン ボメルが2010/11の冬にバイエルンを去ってからというもの、どうも居心地が悪いようだ。2009年にレアル・マドリードから移籍してきたロッベンは、2010年には、ドイツのMVPに選ばれている。

2012/03/31