CL、バイエルンが14度目の準決勝

バイエルン・ミュンヘンがチャンピオンズリーグまたはチャンピオンズカップの準決勝の場に立つのは今回で14度目。最近では2010年に、バイエルンはオリンピーク・リヨンを準決勝(1:0、3:0)で倒し、決勝に進出。2010年5月の決勝(in マドリード)では、インテルに0:2で敗れている。
バイエルンはこれまで13度(うち4度がレアル・マドリード戦)にわたりCL準決勝の舞台に立ってきたが、準決勝で敗退となったのはわずかに5回(うち1度がレアル・マドリード)。決勝戦について言えば、これまで8回で4勝(1974,1975,1976,2001)4敗(1982,1987,1999,2010)。

2012/04/04