バイエルン戦に勝利なら、ドルトムントのタイトルは確実!?

水曜のバイエルン・ミュンヘン戦に、もしボルシア・ドルトムントが勝つような場合、ブンデスリーガのタイトル争いはほぼ終止符がうたれることに。第30節を終えた時点での勝ち点差6、そこからの逆転優勝はいまだかつてないからだ。勝ち点3制を使っての計算では、ブンデスリーガの歴史のなかでの最高の逆転劇は勝ち点差5からのもので、1985/86シーズンの第30節を終えた時点でのヴェルダー・ブレーメンとバイエルン・ミュンヘンの勝ち点差は5あったが、最終的には勝ち点差となり、ゴールディファレンスでバイエルンが上回り逆転優勝した。
バイエルン・ミュンヘンが、ブンデスリーガで同じ相手に4連敗したのは、これまでわずかに1度、オットー・レーハーゲル率いるヴェルダー・ブレーメンで、1991年から1993年のこと。ボルシア・ドルトムントは、バイエルン戦ここまで3連勝中。

2012/04/10