ベッケンバウアー、ロッベンを批判

バイエルン・ミュンヘンのフランツ・ベッケンバウアー名誉会長は、アリエン・ロッベンを批判した。「もし自分が監督なら、ロッベンがあれを蹴ることはなかった。ファウルを受けた者は蹴らないという不文律がサッカーにはある。もしかすると、そのようなルールはもう変わったのだろう。それとも、まだオランダまでは浸透していないのだろうか」。85分、ロッベンは、ドルトムントのGKヴァイデンフェラーにファウルを受けたとして、PKを獲得した。しかしテレビ画面で見る限り、ヴァイデンフェラーはロッベンに触れておらず、ロッベンがつまずいているように見える。そしてロッベン自身がPKを蹴るとヴァイデンフェラーがそれをセーブした。ベッケンバウアーは、シュヴァインシュタイガーやクロースが担当すべきだったと言っている。
ロッベン:「苦々しく、とてもガッカリしている。なんて言ったらいいのか分からない。情けない。自分はここ10回、11回、ずっとPKを決めてきた。」「ドルトムントがドイツ・マイスターになることは確実かもしれない」

2012/04/11