ケルン、ソルバッケン監督を解任

1.FCケルンはスターレ・ソルバッケン監督(44才、ノルウェー人)を解任。彼はシーズン初めにFCコペンハーゲンからケルンにやってきたが、ケルンは火曜日にマインツにアウェイで敗れ、16位と残留争い中。後任には、2010年10月から2011年4月まで指揮をとったこともあるフランク・シェーファー(48才、ユース育成担当)が暫定監督として就任した。アシスタントコーチには、ケルンの元選手であるディルク・ロットナー、シュテファン・エンゲルスが就くことになった。

2012/04/12