ラウール、退団の理由を語る

ラウールは、今季をもってシャルケを退団する理由を自らの口で述べた。「決断は容易に下せるようなものではなかった。とにかく、しっかりと熟考してのこと」。ラウールはこれまでの時間について、クラブおよびファンにまず感謝の意を伝えた。ラウールはヨーロッパを後にするようだ。ただ、新しい所属先は未定で「自分の代理人と、もらっているオファーを精査し、それで決めたい。言えることは、ブンデスリーガほどプレーの質が高くないリーグに行くことになるということ」。クラブ首脳のクレメンス・テニエスは、ラウールに対し、在籍してくれていた時間、事実について心からの感謝を伝えた。また、クラブマネージャーのホルスト・ヘルトは、ラウールの背番号7を永久欠番とすることを発表。ホルスト・ヘルトによると、新しい契約で提示されていたお金の部分や契約期間は、ラウールとの交渉の上では大きなテーマではなかったと。2013年には、ラウールのサヨナラゲームを考えているようで、その相手はレアル・マドリードになるかもしれない。
ラウール(チームメイトにロッカールームで今回の件について報告した時について)「ずしりと重い瞬間だった」「悲しい気持ちでいっぱいだった。でもまたきっと会えるさ」

2012/04/19