CL:バイエルン、歴史に勝てるか

歴史的な統計を気にすると、FCバイエルンのチャンピオンズリーグ決勝進出は難しいということになる。なぜなら、チャンピオンズリーグではこれまで一度も、決勝戦を自らのホームスタジアムで戦ったチームがないからだ。今回の決勝戦の地は、アリアンツ・アレーナだ。
また、準決勝の第2戦のエスタディオ・ベルナベウは、バイエルンにとってはあまり相性のよくない場所で、戦績は9戦でわずかに2勝(1分6敗)。最後に勝利をあげたのは、2001年5月1日にまでさかのぼる。またもっとも最近のベルナベウでのゲームは、2010年のチャンピオンズリーグ決勝、インテルを相手に0対2で痛い一敗を喫している。それも、当時インテルを率いていたのは、レアル現監督のモウリーニョだった。

2012/04/24