CL:バイエルン、PKを制し決勝進出

大きな夢が現実になった。バイエルン・ミュンヘンは、GKマヌエル・ノイアーのおかげで、ホームスタジアムでのチャンピオンズリーグ決勝を戦えることになった。バイエルンのCL決勝進出は9度目。CL準決勝の第2戦(アウェイ)、レアル・マドリード戦、90分を戦って1対2。レアルのゴールは、ともにクリスティアーノ・ロナウド(6分、14分にハンドによるPKから)によるもの。バイエルンのゴールは、ゴメスへのファウルでもらったPKを、ロッベンが決めたもの。第1戦にバイエルンは2:1で勝利しているため 延長戦を戦うも1対2と変わらずPK戦に突入。 PK戦になって、ノイアーは、クリスティアーノ・ロナウドとカカのシュートをセーブ、また、セルジオ・ラモスがシュートを枠外に外して、3対1で勝利した。

2012/04/25