バイエルン、ロッベンとの契約を延長

ここに来てようやくアリエン・ロッベン(28才)はバイエルンに留まることになった。何ヶ月にもおよぶ宙ぶらりの状況の後、ロッベンはバイエルンとの契約を2年延長、2015年6月末までとした。ロッベンは2009年にレアル・マドリードからバイエルンへ移籍。ロッベン「これまで常々言ってきたが、自分はミュンヘンで、そしてバイエルンで、快適な時間を過ごしてきた。こうした理由から、自分は喜んで契約を2年延長した」「バイエルンは自分にとって家族のようなもの。自分の子供3人のうち2人はここミュンヘンで生まれている。自分も、家族も、みなここを“我が家”のように感じている」「サッカーのことを考えても、今回の契約延長は自分にとって正しい決断。ここには素晴らしいチームがある。我々は、近い将来、大きな成功をきっとおさめられると思っている」。ロッベンはここまでバイエルンでブンデスリーガ61戦に出場し、39ゴール。

2012/05/03