ドルトムント、DFBポカールも制覇

ボルシア・ドルトムントは、その103年におよぶクラブ史上初めて、リーグ優勝とDFBポカール優勝というダブルタイトルを達成した。74,794人と満員となったベルリンのオリンピアシュタディオンでのDFBポカール決勝、ドルトムントはバイエルン・ミュンヘンを5:2(3:1)で下して優勝。ドルトムントのゴールをあげたのは、香川(3分)、フメルス(PK、41分)、レヴァンドフスキー(45+1分、58分、81分)。バイエルンは、ロッベンの得点(PK、25分)で一度は同点に。バイエルンの2点目は、リベリ(75分)によるもの。ドルトムントがポカールを制するのは、今回で3度目(1965年、1989年)。一方、バイエルンがDFBポカールの決勝で負けたのも今回で3度目(18回にわたり決勝の場に立っているが、負けたのはこれまでに1985年、1999年の2度のみだった)。

2012/05/12