ロイス“今シーズンもっとも頭角を現した選手”

kicker誌によるブンデスリーガの245選手に対して行われたアンケートで、中心的な存在となったのは、やはりボルシア・メンヘングラートバッハであった。
“今シーズンもっとも頭角を現した選手”としては、ボルシア・メンヘングラートバッハのマルコ・ロイスが22.7%を集めてトップ。2位には、バイエルン・ミュンヘンのデヴィット・アラバ(19.4%)。“今シーズン最大のポジティブな驚きは?”には、ダントツでボルシア・メンヘングラートバッハ(61.2%)が、2位、3位(SCフライブルク/15.9%、FCアウクスブルク/14.7%)に大きな差をつけてのトップ。この他にも、ボルシア・メンヘングラートバッハは、“ベスト・フィールドプレーヤー”(ロイス)、“ベストGK”(マルク=アンドレ・テル ステゲン)、“最優秀監督”(ルシアン・ファヴレ)でトップの座を獲得した。
“今シーズン最大のネガティブな驚きは?”では、ハンブルガーSV(35.7%)、ケルン(26.1%)、ヘルタ・ベルリン(22.4%)が上位にあげられている。“今シーズンもっとも株をさげた選手”としては、ドルトムントのルーカス・バリオス(26.5%)、レバークーゼンのミヒャエル・バラック(23.7%)が上位に来ている。はっきりとした答えが出ていたのは、“現時点で世界最高のプレーヤーは?”という問いへの答えで、リオネル・メッシが73.4%を獲得。レアルのクリスティアーノ・ロナウド(17.8%)、メスト・エジル(2.9%)とは大差をつけてのトップ。

2012/05/29