2022/7/20

ドイツサッカー連盟:ビーレフェルトのフォルテ監督の出場停止処分を取り下げ


先週末に行われたブンデス2部開幕戦、SVザントハウゼン戦にてアルミニア・ビーレフェルトでは、ウリ・ファルケ監督に対して遅延行為を行なったとして、主審のミヒャエル・バッヒャー審判員から退場を宣告。

問題となった場面は前半44分に、ボールボーイがスローインを待っていたSVザントハウゼンの選手に素早く替えのボールを渡すも、サイドラインに来たボールを指揮官がピッチに蹴り返したことを受けてのものだ。
だがドイツサッカー連盟スポーツ裁判所では、映像を確認した結果、試合を遅らせるような意図はなかったと判断。さらにバッヒャー審判員からの発言も後押しとなっており、さらにビーレフェルトはむしろ1点を追いかける状況であったことも材料となった。
「この判断は主審による明らかな判断ミスに基づくものであり、そのため処分を取り下げた」と発表。これによりフォルテ監督は引き続き、次節のヤーン・レーゲンスブルク戦に臨めることになる。

DSCアルミニア・ビーレフェルト の最新ニュース