2022/08/18

ビーレフェルト、後任候補にオスナブリュックのシェルニング監督

©︎IMAGO:osnapix

 ウリ・フォルテ監督解任後、3人のACが練習を取り仕切っているアルミニア・ビーレフェルト。だが間も無くしてこの状況に変化が訪れるかもしれない。早ければ日曜のハイデンハイム戦までに新指揮官がベンチに座っている可能性さえある。ラバディア氏、ミッデンドルプ氏、ハネス・ヴォルフ氏など著名な名前も浮上する中で、ビーレフェルトでは地域との繋がりを重視しているようで、ゲリーノ・カプレッティ(直近ドレスデン)やヤン・ツィマーマン(直近ハノーファー)らが浮上。元監督のカーステン・ランプ(現在はレディングハウゼン)との交渉も行われたという。

 しかしながらkickerが得た情報によれば50kmほど離れたブンデス3部、オスナブリュックのダニエル・シェルニング監督へと白羽の矢が立っているようだ。38歳のパダーボルン出身の指揮官は、かつてアマチュアとしてビーレフェルトに在籍した経験をもち、その後スカウトや当時のsチーム、Aユースなどで指導。現ケルンのシュテッフェン・バウムガルトのアシスタントを務め、2019年にパダーボルンでブンデス昇格を果たした。ただ契約は今季いっぱいまでで例外条項は付随しておらず、今後の展開はあくまでクラブ間交渉次第ということになるだろう。

DSCアルミニア・ビーレフェルト DSCアルミニア・ビーレフェルトの最新ニュース