2022/7/06

アウグスブルク、ドイツサッカー連盟から2万1000ユーロの罰金を請求


 FCアウグスブルクは自らのサポーターが、リーグ戦の2試合においてベンガル式の発炎筒を使用したことにより、ドイツサッカー連盟スポーツ裁判所から、合計2万1000ユーロの罰金を請求された。
 まず1つ目は4月3日に開催されたVfLヴォルフスブルク戦であり、試合前にアウグスブルクのサポーターが10基のベンガル式の発炎筒を使用。その3週間後のボーフム戦でも同じく10基が使用されていたという。
 

FCアウグスブルク の最新ニュース