2022/08/30

マリオ・ゲッツェの弟フェリックス、3部エッセンへの移籍を決断

©︎Rot-Weiss Essen

 元ドイツ代表でW杯優勝戦士、マリオ・ゲッツェの弟であるフェリックス・ゲッツェが、ブンデスリーガのFCアウグスブルクを後にし、これからはブンデス3部ロート=ヴァイス・エッセンに加入することが明らかとなった。ひとまずはレンタルでの加入となるものの、ブンデス3部残留を果たした暁には完全移籍で加入することも併せて発表された。

 「フェリックスは3部リーグに精通したトッププレーヤーであり、昨季はカイザースラウテルンにてレギュラーとして昇格に貢献している。その経験からフェリックスは、プレッシャーのかかる状況したにおける対処法についても知っていることだろう。ルール地方の出身選手で、より高いレベルのオファーを断ってまで入団を決意してくれたことを嬉しく思う」と、ノヴァックSDは喜びを述べている。

 ドルトムント生まれのフェリックス・ゲッツェは、かつてボルシア・ドルトムントや、バイエルン・ミュンヘンのユース選手として育成を受けており、2018年にはFCアウグスブルクへと移籍。ただこれまでブンデスリーガ通算では、わずか6試合のみの出場にとどまっている。(1得点)

FCアウグスブルク FCアウグスブルクの最新ニュース