2022/09/01

「W杯のために」リカルド・ぺピが、アウグスブルクからフローニンゲンにレンタル

©︎IMAGO/Sven Simon

 オランダ1部FCフローニンゲンは、FCアウグスブルクからリカルド・ぺピを、今季いっぱいまでの期限付きでレンタルしたことを発表した。なお両クラブの取り決めにより、契約の詳細については特に明かされてはいない。今冬に米国のFCダラスから加入したばかりの同選手は、クラブ史上最高額となる1600万ユーロを投じていたものの、ここまで出場したブンデス15試合でフル出場はなし。特に「今冬に母国を代表してワールドカップに出場したいという目標があるので、レギュラー出場の重要性は何倍にも増してくるものだよ」と本人がコメント。

 そこでその機会に乏しいアウグスブルクからオランダへの武者修行の道を選択しており、「レンタル終了後には一回り逞しなって、またアウグスブルクに戻りブンデスリーガの舞台で自分をアピールしていきたいと思う」と意気込みをみせている。一方でアウグスブルクはこの日、FWにメルギム・ベリシャを獲得しており、「オランダリーグは彼のような若手選手にとって、非常にいい環境を提供してくれると思う」と、ロイター競技部門取締役は期待感を示した。なおそのフローニンゲンではヨルゲン・ストランド・ラーセンが約1100万ユーロでセルタ・デ・ビーゴに移籍。22才のノルウェー人FWは6年契約を締結している。

FCアウグスブルク FCアウグスブルクの最新ニュース