2022/09/07

アウグスブルク、ホフマン氏の後任クラプフ新会長を発表

©️IMAGO/kolbert-press

 クラウス・ホフマン氏の辞任から4ヶ月あまりが経過し、FCアウグスブルクはその後任を務める次期会長を明らかにした。ホフマン氏は健康上の理由により自ら辞任しており、これからはマルクス・クラプフ氏が監査役会の全会一致の承認により、「即座に」就任することになるという。

 かつてノイエ・ツェーネでは副編集長を務め、2002年から2006年までクラブのマネージングディレクターも務めてきた同氏は、FCアウグスブルクのサポーターでもあり、2万1000人を超えるFCアウグスブルク会員の利益を代表して、「真摯の取り組んでいく」ことを宣言。「監査役会からの信頼を得て、この会長職につけることを光栄に思う」と喜びを語った。

FCアウグスブルク FCアウグスブルクの最新ニュース