2022/10/15

絶好調のアウグスブルク、その影には大量の負傷離脱

©️IMAGO/Sven Simon

 バイエルン・ミュンヘンからの勝利も含め、ここ4試合で勝ち点10を稼ぐことに成功している、FCアウグスブルク。これから迎えるケルンでの試合は、アウグスブルクにとっては最近7試合で4勝3分と無敗を継続する相性の良い場所だ。果たしてこの流れを継続していけるか、それはいかにエンリコ・マーセン監督が離脱選手の穴埋めを成功させ続けられるかによることだろう。

 2週間前のFCシャルケ戦にて大腿筋に負傷を抱えた先発GKラファル・ギキーヴィツについては、今週も引きつづき練習参加ができておらずトマシュ・コウベクが代役を担うことになるだろう。守備陣ではフェリックス・ウドゥオカイとリース・オックスフォード、トビアス・シュトローブルが離脱中であり、ジェフリー・ハウウェーウとマキシミリアン・バイアーが共に出場停止。

 中盤・攻撃陣でもニクラス・ドルシュ、アンドレ・ハーン、サレンレン・バゼーが欠場。さらにメルギム・ベリシャが木曜と金曜の練習参加を見合わせており、マーセン監督によればまだ出場への可能性は残されてはいるようだが、詳しい理由についてはあかすことはなかった。

FCアウグスブルク FCアウグスブルクの最新ニュース