2023/01/08

アウグスブルク、ダルムシュタットのプファイファーに引き続き関心

©️IMAGO/HMB-Media

 FCアウグスブルクのエンリコ・マーセン監督は降り注ぐ暖かなスペインの日差しの中で、後半戦に向けた準備を精力的に進めているところだが、一方でシュテファン・ロイター競技部門取締役もまた後半戦や来季に向け精力的にチーム作りに勤しんでいるところ。キッカーが得た情報によればこの冬だけで、
カルロス・グルエソも移籍も踏まえ、少なくとも3人の補強を検討中であり、攻撃的な部分に2人、中盤に1人を加えたいようだ。

 さらに来シーズンに向けて上位にリストアップされている選手こそ、SVダルムシュタット98のパトリック・プファイファーである。半年ほど前からすでに同選手とは接触しており、選手自身もステップアップに前向きな姿勢をもっているが、ただ今シーズンいっぱいはこのままブンデス2部でのプレーし、契約満了となる夏をもっての退団を視野にいれているところだ。

 ここまで今シーズン15試合に出場するなどディフェンスの柱としてチームを支えてきたプファイファーの獲得にむけて、移籍金が発生しないことはアウグスブルクにとっても好条件ではあるものの、ただより財力をもったクラブが獲得に乗り出す可能性は決して否めないが・・・。

FCアウグスブルク FCアウグスブルクの最新ニュース