2022/7/10

ブレーメンとの契約延長を望むフュルクルーク。「お金が大事ではない」


 3週間前の時点ですでに、キッカーに対してヴェルダー・ブレーメン残留への希望を明言していた、ニクラス・フュルクルーク。「他の場所で自分のことを考えるより、このチームでの自分の役割をさらに強化していきたいと思うよ」と語っていたのだが、先日のテストマッチ後にも改めてその意思を示しており、「バウマン取締役がとてもうまくまとめてくれている。話し合いは順調で全てが正しい方向に向かっているよ」と語った。
 つまりもはや契約成立は形式的なものに過ぎないという意味でもあるが、「もちろん金銭面で僕が譲歩するという意味もある。ただそれは僕自身にとっては基本的に問題ではないんだ」と述べ、「それでもここまで明確にひたむきに自分の立場をとっているのは、とにかくその意思の強さの表れだとも思うよ。どれだけ多くのお金を手に入れられるかは、僕にとってはその限りではない」と言葉を続けている。「できれば早く合意してシーズンに集中したいね」
 その一方でヴェルダー・ブレーメンでは、ヨハン・ミナを再びレンタルすることとなった。新シーズンではエクアドルへと戻ることになり、そして古巣のCSエメレクにてプレーすることになるという。20歳のオフェンシブプレーヤーは2020年にブレーメンに加入、昨シーズンではポルトガルのエストリル・プライアにレンタル移籍していた。
  

ヴェルダー・ブレーメン の最新ニュース