2022/09/13

ブレーメン:パヴレンカ復調、ディンクシ疑問視、ビッテンコート欠場

©️IMAGO/Nordphoto

 先日に行われたFCアウグスブルク戦にてヴェルダー・ブレーメンでは、ジリ・パヴレンカが前半29分にこうたいを余儀なくされ、ミヒャエル・ツェッターラーが思いがけずブンデスリーガデビューを迎えることになったが、ただどうやら土曜日に控えるバイヤー・レヴァークーゼン戦では、再びパヴレンカを起用することができそうだ。チェコ人GKは大腿に打撲を負ったのみで済んでいたという。

 そしてここまでの回復経過についても、「かなり良い感じ」のところまできていることを、フリッツ有資格部門担当が明かしており、「おそらく明日には練習に復帰できるはずだ」との見通しについても語った。ただその一方で肋骨を負傷してここ2試合欠場中の、レオナルド・ビッテンコートについては引き続き不参加となる。「まだ痛みがあってね。だから代表戦明けを想定しているところなんだ」

 そんなビッテンコート離脱の恩恵を受ける形で出場を続ける、ロマーノ・シュミットには更なる朗報が伝えられた。ラルフ・ラングニック監督率いるオーストリア代表から初招集を受けており、指揮官は「ブレーメンの先発の座を射止めており、これまで好パフォーマンスをみせきた」と評した。

 なお先日には今季はじめてメンバー入りしたエレン・ディンクシについては、筋肉系の負傷により離脱してきたこれまでの背景を考慮して、今節の出場についてはまだ疑問符がつくところであり、フリッツ氏は「安定感をまず得ることだ」と強調。それが果たせれば「スピード、攻撃面での1vs1、フィニッシュでのうまさ」がチームにもたらされるはずだ。
 
 

ヴェルダー・ブレーメン ヴェルダー・ブレーメンの最新ニュース