2022/10/29

ブレーメン、フリードルに対して2試合の出場停止処分

©️Getty Images

 ヴェルダー・ブレーメンは先日ドイツサッカー連盟スポーツ裁判所より下された、主将マルコ・フリードルに対する2試合の出場停止処分に対して、異議申し立てを行う考えを明らかにした。クレメンス・フリッツ有資格/スカウト担当は、「我々はこれがフェアな判定だとは思っていないため、ペナルティの軽減を求めるため動くつもりだ」と声明の中でコメント。

 先日に行われたSCフライブルク戦にてフリードルは、相手FWミヒャエル・グレゴリッチュを意図的にファウルで止めたとして、バスティアン・ダンカート主審からキャリア初となる退場を宣告。加えてその後のPKをグリフォが外してしまった事により、規定で出場停止は2試合へ。しかしながら退場が14分と早い時間だったことから、長期時間数的不利にあったブレーメンは、最終的に後半で2失点し0−2で敗戦している。

ヴェルダー・ブレーメン ヴェルダー・ブレーメンの最新ニュース