2022/11/02

ブレーメン:異議申し立てが成功、フリードルがシャルケ戦から起用可能に

©️IMAGO/Eibner

 マルコ・フリードルの2試合の出場停止処分に対する、ヴェルダー・ブレーメンからの上告は成功に終わった。ドイツサッカー連盟スポーツ裁判所は月曜日に、出場停止処分を1試合のみに減刑することを発表。これにより週末のFCシャルケ戦より再びキャプテンが戦列に加わることになる。

 ブンデス第11節SCフライブルク戦の前半14分に、相手選手ミヒャエル・グレゴリッチュを意図的にファウルで止めたとして一発退場が宣告。その後のPKをグリフォがPKを外していたことから、2試合の出場停止処分が言い渡されていた。ただ今回のファウルの場面は一方的なものではなく両選手の腕がともに絡んだものであり、ブレーメン側は処分の減刑を希望。

 相手選手のグレゴリッチュは電話での意見陳述にてそのことを認める証言を行ったことにより、このたび改めてスポーツ裁判所では減刑という判断を下した流れだ。ブレーメンのフリッツ強化担当は訴えが認められたことへの喜びをみせるとともに、グレゴリッチュがスポーツマンシップをみせてくれたことへの感謝の気持ちも強調した。

ヴェルダー・ブレーメン ヴェルダー・ブレーメンの最新ニュース