2019/04/02

グラードバッハ戦で負傷のアイハンら、大事には至らず


 週末に行われたボルシア・メンヒェングラードバッハとの『ニーダーラインダービー』では、3−0と勝利をおさめた陰で数名の選手が負傷をかかえていたものの、カーン・アイハンも含めて、どうやら大事に至ることはなかったようだ。
 トルコ代表が精密検査を受けた結果、筋損傷は特に確認はなされておらず、火曜日には別メニューにて調整を行なっている。今の所はまだチーム練習参加の時期は明かされてはいないが、木曜か金曜までに果たせればベルリン戦でも引き続きオプションということになるだろう。
 また目のあたりに裂傷を受けて交代、その後にロッカールームにて5針を縫ったアダム・ボジェクはボールを使ってトレーニング。また大腿筋に打撲を受けたニコ・ギーセルマンとマルクス・スットナーだが、おそらくはベルリン戦でも戦列に名を連ねることができるはずだ。
 一方で外側側副靭帯を断裂していたマルヴィン・ドゥクシュについては進展をみせてはいるものの、まだ昨季ブンデス2部得点王の復帰時期については未定。ただFWでは激しい定位置争いが既に繰り広げられているという現状もある。
 

Bundesliga Bundesligaの最新ニュース