2020/12/31

欧州主要リーグ:2020年度得点ランキング


 2020年度の世界最優秀選手賞へと輝いたフォワードといえば、バイエルン・ミュンヘンのロベルト・レヴァンドフスキのことだ。参加した全ての大会において全て得点王となったポーランド代表主将ではあるのだが、しかしながらこの1年間の総得点数で見た場合、その頂点には別の選手が君臨している。以下、一覧でチェックしていこう。
【17得点】
カリム・ベンゼマ(レアル/34試合)
ジェイミー・ヴァーディ(レスター/31試合)
ソン・フンミン(トッテナム/29試合)
【18得点】
アンドレア・ベロッティ(トリノ/34試合)
ジェラール・モレノ(ビジャレアル/31試合)
ブルーノ・フェルナンデス(マンU/29試合)
ワウト・ウェクホルスト(ヴォルフスブルク/28試合)
アンドレ・シルバ(フランクフルト/27試合)
【19得点】
リオネル・メッシ(バルセロナ/34試合)
フランチェスコ・カプト(サッスオーロ/30試合)
キリアン・エムバペ(パリSG/21試合)
【20得点】
ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ACミラン/24試合)
【22得点】
ロメウ・ルカク(インテル/32試合)
【23得点】
モハメド・サラフ(リヴァプール/33試合)
エルリング・ハーランド(ドルトムント/23試合)
【28得点】
チーロ・インモービレ(ラツィオ/33試合)
【32得点】
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/26得点)
【33得点】
クリスチアーノ・ロナウド(ユベントス/29試合)
 

Bundesliga Bundesligaの最新ニュース