2022/03/13

バイエルン、ゴレツカとデイヴィースが「順調に回復」


 TSGホッフェンハイム戦にて1−1と痛み分けに終わった後、バイエルン・ミュンヘンのユリアン・ナーゲルスマン監督は、人事面における2つの重要な情報について明らかにした。
 膝蓋腱の問題により1ヶ月ほど離脱が続いているレオン・ゴレツカについては、来週火曜日から再びチーム練習へと軽めながら参加する予定となっており、ジョシュア・キミヒはもう間も無くして相棒の復帰を祝福することができるだろう。
 「膝については今のところ、特に反応は示していない状態なんだ。このままであり続けてもらいたいものだね」と指揮官は説明。その希望通りとなれば、ゴレツカは代表戦後に迎えるチャンピオンズリーグ準々決勝の初戦には復調を果たしているはずだ。
 さらにナーゲルスマン監督はアルフォンソ・デイヴィースについても言及。1月初めに患った軽度に心筋炎により回復中のカナダ代表だが、「仮に全てがうまくいったとして、それでも3・4週間は離脱となるはずだ」との見通しを明かしつつ、「心膜からの液体はすでになくなっており、すべてが順調にこれているようだよ」と語った。
 

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース