2022/07/27

ホッフェンハイム、ダヴィド・ラウムが練習再開。オザン・カバクも練習初参加。


 週末には今季最初の公式戦であるドイツ杯初戦、SVレディングハウゼン戦が控えているTSGホッフェンハイム。それに向けた最後の仕上げとなる今週の練習では、ふくらはぎの問題を克服したダヴィド・ラウムの姿が見受けられた。
 夏季合宿での練習中に負傷を抱え、サレルニターナとエラス・ベローナとのテストマッチでは出場を見送っていたが、一方でRBライプツィヒへの移籍の可能性が取り沙汰されており、そのために敢えて大事をとったのではないかとも憶測も。しかしブライテンライター監督はこれを一蹴した。
 「彼はトレーニングキャンプでふくらはぎを痛めてしまったために、今週はずっと練習をしてこなかったのだ。負傷が悪化することのないようにするためであり、不在だった理由はそれだけのことだよ。彼は我々の選手であり、憶測に関与するようなことはない」
 すでにkickerではお伝えしていたようにホッフェンハイムとライプツィヒの首脳陣は、先週の金曜にフランクフルトにて話し合いの場を設けていたものの合意にまではいたらず、移籍金をめぐり3000万ユーロを求めるホッフェンハイム側に対してライプツィヒ側の提示額には隔たりがありすぎたようだ。
 その一方で先日にシャルケからの獲得したオザン・カバクも、火曜日から初めての練習参加を果たした。センターバックの質を高めることが期待されており、さっそく日曜のドイツ杯初戦にてデビュー戦を飾る可能性もあるだろう。また爪に問題を抱えていたアンジェロ・シュティラーは練習を再開したものの、膝に問題のあるイフラス・ベブー、風邪を患っているデニス・ガイガーは参加を見合わせた。
 

TSGホッフェンハイム TSGホッフェンハイムの最新ニュース