2022/08/01

バイエルン:上々デビューのマネ、「ワールドクラス」みせた若武者ムシアラ


 移籍後初の公式戦で移籍後初ゴール、そして初のタイトルも獲得と、サディオ・マネにとってバイエルン・ミュンヘンでのデビュー戦は、まさに思い描いたような結果を手にしたといえるかもしれない。今夏加入の新戦力の中で唯一スターティング・メンバーに名を連ねたベテランストライカーは、前半31分に2−0とする追加点をマーク。さらに加点したバイエルンは3−0でドイツ杯王者RBライプツィヒを相手に折り返すことに成功。
 しかしながら後半から反撃に転じたライプツィヒは、後半60分からの30分間で3得点、途中でバイエルンが加点していたことで追いつかれることはなかったものの、「後半は苦しい時間帯となったね」とマネは振り返った。それでも最後はサネのダメ押し弾で勝負あり。
 「良い試合ではあった」と述べつつ、「今日のようなミスを繰り返さないようにしないとね」と強調。「でもまだシーズンははじまったばかりだし、だからこれから完璧に仕上げていくための時間はまだ残されているよ」と前を向いている。「今日は何より勝利が重要であり、実際に僕たちは勝利に値する戦いぶりはみせていたさ」

 また試合後にナーゲルスマン監督は、TV局とのインタビューで特に、先制点をマークしたジャマル・ムシアラについて「彼はワールドクラスだと思うよ」と賞賛。「常に前を向き、前半だけで3・4回は鎖の前で前を向く素晴らしいアクションがあった」としており、2点目もスルーパスから演出。3点目もニャブリへの素晴らしいアシストによるものだった。
 対峙したコンラッド・ライマーにはその卓越したスピードで「もはやファウル以外に手がない」と思わせるほどにまで翻弄、ただ指揮官はティーンエイジャーの大活躍にも驚きは感じておらず「練習でとても良かったからね、だから今日は驚くようなことはないよ」と説明。それでも「先週のトレーニングが十分ではなかった」ことから後半途中で交代。「リスクをおかしたくなかったんだよ」と言葉を続けている。
 

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース