2022/08/10

ティモ・ヴェルナー、ライプツィヒ復帰が発表

 確かにチェルシーFCでの2年間、ティモ・ヴェルナーはチャンピオンズリーグを制覇し、そしてクラブワールドカップでの優勝も果たした。だが決して個人的な面でいえば順調と呼べるような時間ではなく、そのためかつて移籍金5500万ユーロを残して後にしたRBライプツィヒへと帰還する。

 おそらくそのためにライプツィヒ側は移籍金としておよそ2000万ユーロ、さらに成果に応じたボーナスも支払う可能性があるだろう。契約期間はチェルシー時代よりも1年長い2026年6月末日まで。そして背番号は同じ11番。

 チェルシー時代では89試合に出場して23得点、21アシストという成績を残しながらも、批判されることの多かった快足アタッカーは、特にライプツィヒでの最終シーズンでは34得点、13アシストをマーク。ドイツ代表として53試合に出場して24得点をあげており、エンクンクとの2トップはライプツィヒの攻撃力を更なる高みへと導くはずだ。

ヴェルナーがファンに別れ

 一方でヴェルナーは自身のSNSを通じてチェルシーファンに別れを告げており、「本当にとても感謝している」と投稿。「この2年間、たくさんの愛情とサポートを受けてきました。良い時も困難な時も、みなさんが僕を支えてくれたこと、それを決して忘れることはない」と綴り、そしてスタンフォードブリッジでの再会を楽しみにしていた。

RBライプツィヒ RBライプツィヒの最新ニュース