2022/08/17

バイエルン:ニャブリは練習不参加、ゴレツカはランニング

©︎IMAGO:kolbert-press

 現在ドイツのミュンヘンにて開催中のヨーロッパ陸上競技選手権大会を、五輪スタジアムにてレオン・ゴレツカと共に観戦していた、セルゲ・ニャブリ。十種競技のニクラス・カール、100走のジーナリュッケンケンパーの金メダル獲得を応援したその翌日、バイエルンの練習場に同選手の姿は見受けられなかった。

 日曜に開催されたVfLヴォルフスブルク戦にて、ニャブリは内転筋の問題のために負傷交代を余儀なくされており、どうやらまだ状態はあまり思わしくはない模様。その一方で膝の手術から復帰をめざすゴレツカは、ファンからの声援に手を振りながらランニングメニューをこなしており、腎臓結石の手術を受けたエリック=マキシム・シュポ=モティングと共に2週間後のチーム練習復帰を視野にいれているところ。

 その一方でナーゲルスマン監督は今度の日曜日に控えるVfLボーフム戦から、これまで3試合の出場停止処分を受けていた、キングスレイ・コマンを再び戦列ん加えることが可能となっており、前述のニャブリの状態次第ではそのまま先発として出場することも理論上は可能だろう。

 ただしセビージャ移籍が間近にあるタンギー・クアッシについては、すでに昨日の時点で現地入りしており、まずはメディカルチェックを受けた後に、2027年までの契約にサインする見通し。同じく移籍候補のジョシュア・ザークツィーに関しては、体調不良から回復してチームへと再合流を果たした。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース