2022/08/17

ティロ・ケーラー、ウェストハムへの移籍が発表

©︎picture alliance:dpa

 2度のリーグ優勝と2度の国内カップ優勝を果たした4年間を経て、ティロ・ケーラーはパリ・サンジェルマンに別れを告げる決断を下した。これから戦いの舞台をプレミアリーグ、ウェストハム・ユナイテッドへと移し、新天地とは2年間の延長オプション付きの4年契約を締結している。移籍金額は1200万ユーロ。

 「ウェストハムと契約できて、とても嬉しいよ。世界最高のリーグであるプレミアリーグでプレーする日が待ち遠しいね」と、クラブ公式にて同選手はコメント。昨季パリ・サンジェルマンでの出場機会が減少していた25歳は、7月末に同じユリアン・ドラクスラーらと共に練習参加さえままならなくなるなど苦境に陥っており、今冬にワールドカップが控える状況からも、事態の打開を求めていた。

 一方で昨シーズンのヨーロッパリーグでは準決勝進出を果たしていたウェストハムだが、今シーズンは開幕から2連敗スタートを喫しており、特にセンターバックでは様々な事情からズマ1人という中で守備陣の補強を模索、その白羽の矢がドイツ代表DFへと立った。「今はとのかくチームにうまく溶けこんで、そしてウェストハムでのプレーを楽しみたいね」とケーラーは豊富を語った。

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース