2022/08/23

マンUがトラップに4年契約提示、クラブ間交渉へ

©︎IMAGO/Thomas Frey

 昨夏には40年以上ぶりとなる欧州リーグのタイトル獲得に成功した、アイントラハト・フランクフルト。だがこの夏はユベントス・トリノが大会MVPのフィリップ・コスティッチを獲得。さらに現在はマンチェスター・ユナイテッドが、守護神ケヴィン・トラップの獲得を目指しているようだ。kickerが得た情報によれば、明日火曜にも、オファーがフランクフルト側に届けられる見込み。なおトラップ自身は、マンUから提示された4年契約を快諾しているようだ。

 当初ビルト紙が報じていたが、kickerが得た情報によると移籍金額は数百万ユーロ単位の後半の見込み。コスティッチと同様、キャリアの秋に差し掛かっているトラップにとって、これはビッグクラブに移籍する絶好の機会だともいえるだろう。確かに昨季6位となったマンチェスター・ユナイテッドではヨーロッパリーグにしか出場できないが、その名声を知らぬ者はいない。プレミアへの移籍はドイツ人選手として非常に有益なものとなる可能性がある。

 ただしフランクフルト側がチームの顔とも言うべき選手の売却に応じるかについては、全く別の話だ。これほどのレベルのゴールキーパーのこの時期の移籍市場で手放すには、大きなリスクをはらむことになる。明らかにバックアップのラマイには荷が重く、質を落とさないよう残り1週間ちょっとで後釜を見出さなくてはならない。

アイントラハト・フランクフルト アイントラハト・フランクフルトの最新ニュース