2022/09/08

レオン・ゴレツカ「先発出場への準備は整っている」

©️IMAGO/ULMER Pressebildagentur

 昨晩に行われたチャンピオンズリーグ初戦インテル・ミラノ戦、そして続くFCバルセロナとの第2戦の間となる、週末に控えるVfBシュトゥットガルトとのリーグ戦に向けて、バイエルン・ミュンヘンのナーゲルスマン監督はローテーションを行う考えを示しているが、そこで先発復帰を熱望しているのがレオン・ゴレツカである。確かにインテル戦でのマルセル・サビッツァの先発起用は大方の予想通りではあった、さもなくばこれまでオーストリア代表MFが見せてきたパフォーマンスへの評価と自信の問題が出てくる。

 無論ゴレツカも「先発候補の1人」であることは指揮官も明言するところではあるものの、ただ7月に膝の手術をうけて長期離脱を余儀なくされてきた同選手にとっても今回の起用は「理解のできる説明をもらえた」ものだった。ただ週末のシュトゥットガルト戦では指揮官からの言葉に変化がみられるかもしれない。ドイツ杯、そしてCLやリーグ戦でも既に途中出場を続けてきたゴレツカは、「もう先発できるところまでいける」とインテル戦後に語っている。

 逆にいえばナーゲルスマン監督にとってみれば、すでに復調を果たした更なるオプションが加わったことにより、贅沢な悩みを抱えることになったともいるだろう。サビッツァやゴレツカのみならずジョシュア・キミヒに加えて、この夏には期待の若手MFライアン・グラフェンベルフも加入。練習でアピールを展開しているところだが、こちらはインテル戦では90分間ベンチで試合を見守っていた。 

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース