2022/09/22

ハヴェルツ、新生ドイツ代表の連続無敗は「船出が実を結んだ証」

©️IMAGO/Schüler

 ドイツ代表はこれから4日以内にネイションズリーグ2試合、ハンガリー代表戦とイングランド代表戦を迎えることになるが、特に首位を走るハンガリー代表との勝ち点差は1ということもあり、ドイツ代表にはまだ首位突破を自力で掴み取るチャンスを手にした状況となっているところ。

 「グループリーグを勝ち抜いて、6月に開催されるファイナルフォーに進出する。そのような明確な目標を僕たちは掲げているんだ。それからタイトルを目指していく。サッカー選手として手にできるタイトルは全て手にしたいと思うものだよ」と、kickerとのインタビューに対してカイ・ハヴェルツはそう語った。

 実際に昨年就任したハンジ・フリック監督以降のドイツ代表をみれば、その可能性は決して低いものではないだろう。これまで「13試合連続無敗という結果は、この新しいスタートが実を結んでいるということなのだと思うし、もちろんそれはいいことだと思うよ。これからの2試合でもこのように戦えれば、大会にむけて大きな自信となるものだ」とハヴェルツ。

 また自身にとっては2年前に戦いの舞台をチェルシーへと移しており、「あれは最高の出来事だったと思うよ」と回顧。これまで前線であればどこでもプレー可能なオフェンシブプレーヤーは、チェルシーに非常によくフィットしている印象を与えているところ。

 「自分のポジションについては、特に重視していないんだ」という23歳は、レヴァークーゼン時代は主戦場としていた「トップ下でも」、189cm82kgというフィジカルを活かした「センターフォワードでも、右サイドでもどこであってもチームの助け、監督の信頼に応えられるようにしたい」と明言。

 「どのポジションであっても、自分を発揮できる。ただここ1年半はチェルシーではセンターフォワードとしてプレーしているから、トップ下はちょっと難しいかもしれないけどね。この2つの役割は全く異なるものだから」と述べている。

ドイツ代表 ドイツ代表の最新ニュース