2022/09/26

ドイツ代表から大事をとって離脱のヌメチャ、固唾を呑んで見守るヴォルフスブルク

©️IMAGO/regios24

 今回のイングランド代表戦はドイツ代表ルーカス・ヌメチャにとって、U19欧州選手権においてイングランド代表として優勝を果たした経験からも、特別な意味合いをもった一戦となったことだろうが、しかしながら股関節の問題によりすでに代表から離脱。特に所属先のVfLヴォルフスブルクでは3週間ほど前のケルン戦から、膝の問題に悩まされながらもプレーを続けてきた背景があり、当時も過度に伸展と指摘されされ今回も大事には至っていないとされているが、大事をとっての判断という側面もあったことだろう。

 特にチームが残留争いを展開する苦しい状況にあって、仮にここまで3得点1アシストをマークしているヌメチャが長期離脱となれば、コヴァチ監督のとっても由々しき事態となることは想像に難くない。チームの総得点がここまで5得点であることからも、いかに欠かせない存在であるかが見て取れる。加えてバックアップ要員だったビアレクをフィテッセにレンタル、17歳の新進気鋭ジェナン・ペイチノヴィッチは徐々にブンデスに組み込んでいきたいことからも、選手層に厚みがある状況とはいえない。ヴァルトシュミットやマーモウシュ、復帰途中のウィンドも代役は可能だが、ただここまでいずれの3選手ともいまだブンデス無得点のままなのだ。

VfLヴォルフスブルク VfLヴォルフスブルクの最新ニュース