2022/10/10

ここ数週間でバイエルン5人目、ジャマル・ムシアラがコロナ感染

©️IMAGO/Jan Huebner

 バイエルン・ミュンヘンではこれからしばらくの間、ジャマル・ムシアラを欠いてシーズンへと臨むことを余儀なくされる。ドイツ代表MFからもまた、新型コロナウィルスへの感染が確認されたとのこと。これは月曜午前にクラブ側より発表されたものであり、ムシアラは水曜夜に控えるチャンピオンズリーグGL第4戦、ヴィクトリア・プルゼニ戦で不参加ということになる。

 バイエルンでは代表期間直後にマヌエル・ノイアーとレオン・ゴレツカ、1週間前の日曜日にも同じくドイツ代表の2選手、トーマス・ミュラーとジョシュア・キミヒから、新型コロナウィルスへの感染が伝えられており、そのままヴィクトリア・プルゼニ戦では共に欠場。2人とも週末のドルトムント戦までには隔離から解放はされていたものの、復帰したキミヒとは異なりミュラーは症状が残っていたため参加が見送られていた。

 ただ日曜日にはチーム練習へと参加するなど、ミュラーは水曜のヴィクトリア・プルゼニ戦での復帰を視野に入れているところであり、リーグ戦とは異なりここまで3試合で3勝と順調な戦いぶりから、今回の試合の結果次第で決勝トーナメント進出への大きな扉が開かれる大事な試合にもなる。だがそのバイエルン戦にて頭部打撲をおった、アルフォンソ・デイヴィースについても欠場となる。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース