2022/10/19

ノイアー引き続き欠場、ミュラーとサネには疑問符

©️IMAGO/Sven Simon

 ここのところ2年連続で敗退を喫している因縁のドイツ杯2回戦にて、今シーズン初の敗戦を喫した相手FCアウグスブルクとの、リベンジマッチを水曜夜に迎えるバイエルン・ミュンヘン。だがこの試合でも引き続き、肩に問題を抱えるマヌエル・ノイアーは欠場を余儀なくされるという。「マヌはまだ痛みを抱えているんだ」とナーゲルスマン監督は語った。「週末のホッフェンハイム戦が今の目標だよ。木曜のリカバリーメニューには参加する予定だ」

 基本的にナーゲルスマン監督としては「リスク」を強く意識するところであり、「急いで復帰させたとしても、それで全てでまた悪化させてしまいかねない。これほどまで大きな決断を決められるのは、本人だけだよ。でも決してリスクを犯させるようなことはしないけどね。」と説明。またフライブルク戦にて筋損傷を抱えたリロイ・サネについてもも欠場。期間の見込みは「2週間か3週間といったところ、むしろ3週間というべきだろう」という。「彼はあまり筋肉系の問題をした事だったからという事もあって、残念だよ」

 またトーマス・ミュラーとヌゼア・マズラウィに関しては、今回のアウグスブルク戦にてどれほどプレーできるかはわからない。ミュラーは背中に問題を抱えて週末の試合を欠場しており、「昨日から今日にかけて大きな一歩は見られている。本日の最終調整にも100%参加できているし負荷も増していく。先発かはわからないが、メンバー入りはするだろう」とコメント。マズラウイは日曜日に筋肉系の違和感を訴えており、「痙攣を起こしてしまってね。帯同することは間違いないだろうが、ただやはり明日の様子見だ。現時点では可能性はむしろ低いだろう」と語っている。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース