2022/10/19

スイス代表GKゾマー、ドイツ代表MFホフマンが共に負傷交代

©️IMAGO/Eibner

 ボルシア・メンヒェングラードバッハはブンデス2部SVダルムシュタットとのドイツ杯2回戦において、開始わずか4分後にヤン・ゾマーが負傷を抱えるアクシデントに見舞われた。特に無害なボールを拾おうとした際に、バランスを崩した33歳のベテランGKは、足首を酷くひねってしまったという。そのためしばらく治療を受けた後、ひとまずプレーを続行したものの、13分にはトビアス・シッペルと交代している。

 仮にゾマーがこれから長期離脱に入ることになればグラードバッハにとっては頭の痛い問題だ。スイス代表GKは引き続き守護神としてチームを背後から支えており、ここまでのkicker採点平均は2.65。まさにキーマンの1人となっており、さらにカタールにて開催されるW杯も控えているところ。そのため今回の負傷の度合いはスイス代表も固唾を吞んで見守っているところだ。

 さらにハーフタイム後には今度はヨナス・ホフマンも交代。前半の30分ほどあたりの対人戦後から動きがぎこちなくなっており、左肩を負傷していた模様。そのためロッカールームに下がったまま交代しており、「正確な診断を待つしかないが、肩関節を脱臼した疑いがある」と、スカイに対してファルケ監督が明かした。これによりドイツ代表もホフマンの経過を見守っていく事になる。

ボルシア・メンヒェングラードバッハ ボルシア・メンヒェングラードバッハの最新ニュース