2022/10/22

足首負傷のクリスチャン・ギンター「組織的損傷はないが痛みはある」

©️IMAGO/Kirchner-Media


 
 先日に行われたドイツ杯2回戦では、SCフライブルクは16強入りを果たした一方で、マティアス・ギンターが足首を負傷。週末に控えるプレスカンファレンスにて、「組織的な損傷は見受けられないが、ただ痛みは伴っていた」と明かしており、確かにブレーメン戦ではオプションではあるものの、いずれにしても入れ替えとなる可能性があることに代わりはない。

 それは前節のバイエルン・ミュンヘン戦での大敗後にも、指揮官が明確に提示していたことであり、実際にその後のドイツ杯2回戦では7人も選手をスターティングメンバーから入れ替えている。ただそれが結果的には、ザンクトパウリに序盤でリードを許すという展開を招くこととなり、後半から4選手を投入して事態の打開を図ることに成功したのだが、シュトライヒ監督は「選手の誰もがプレーする権利を持っている」とし、今回のようにたとえリスクを伴い「仮に敗戦していても」、選手の入れ替えへの正当性について強調した。

SCフライブルク SCフライブルクの最新ニュース