2022/10/23

インタビュー:レオン・ゴレツカ「今の僕は100%」

©️IMAGO/Sven Simon

…ホッフェンハイム戦の結果に満足?:「そうだね。今は過密日程の中で多くの試合からの負担があり、前半では35・40分まではとても良いプレーができたけど、最後の5分だけはホッフェンハイムにチャンスを与えてしまった。それ以外は素晴らしい前半だったと思うし、それ以降は試合をマネジメントできたというのが率直な可能だね。それができるものまたチームとしての前進だよ」

…更に追加点も可能だった?:「1・2点は加えることが十分できたとは思うけど、でも2−0でも得られるのは勝ち点3さ。」

…バイエルンは完全復調?急務の課題も?:「いつだって課題はある。流れはできてるとは思うけど、そのためにはただ精力的に取り組むというけでなく、そのための課題は山積みであり、やるべきことがないなんてことはないんだ」

…自身も復調?:「もちろん、そうだよ。ただクラブの状況があるから、今はW杯のことはいったん横に置いておかなくてはいけないけど。でも代表監督は僕たちがいかに素晴らしい取り組みができているか、W杯にむけて良い準備ができているかをみてくれているし、代表とクラブが両立できているのは良いことだよね」

…最近はあまり参加できていない:「参加はしたけど、1回練習したくらいだね」

…一方でギュンドアンが活躍:ゴレツカはここにいる。間違いなくね。でもまだそこまで考えられない。とにかく体調を整えて、ワールドカップではベストコンディションで臨みたい。そうすればチームの助けとなれるはずだから。

…今は何%ですか?:「100%だね」

…今度のバルサ戦について:「カンプノウでの試合となれば、テストマッチでもCLでも変わらずとても楽しみなスーパーゲームだ。勝利のために全力を尽くす。確かに状況は特別で、レヴァンドフスキはバイエルンでずっと16強入りしていたけど厳しい立場にある。でもそれはどうしようもないことだし、考えている場合じゃないよ」

…先制点のムシアラへのパスは意図的なプレーの結果?:「あまり多くは語らないようにしなくてはいけないけど、セットプレーではいろんな練習をする。そしてジャマルがそこで用意していなければ良いことではなかったということ。ゴール前でのデュエルは決して用意にいくものではないし、そこで潰された時。あの時ジャマルは良い場所にいたんだ。ただ僕はどうやって彼がそこにいたかはわからないけどね」

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース