2022/11/06

プレーメル、W杯参加の夢が散る!右足首骨折で長期離脱へ

©️IMAGO/foto2press

 先日にTSGホッフェンハイムのグリシャ・プレーメルは、ドイツ代表ハンジ・フリック監督がFIFAに提出した暫定メンバーの中に、自身の名前が含まれていることを明かして参加への闘志を燃やしていたものの、その夢はそれから1週間足らずで打ち砕かれることになった。

 同僚クリストフ・バウムガルトナーと交錯した際に右足首を負傷、即座に担架の必要性を訴えてそのままピッチから運び出されており、試合後にブライテンライター監督はスカイに対して、「足首を骨折している」と重傷を負っていたことを明かした。「もしかすると靱帯にも影響が及んでいるかもしれない」

 これにより主将ケヴィン・フォクトが「柱」と称する中盤の要は、ワールドカップ出場という大きな夢を失ったのみならず、TSGホッフェンハイムにとっても非常に長期にわたって失うことに。特に今夏よりウニオン・ベルリンから復帰したばかりの27歳は、ブンデス最長走行距離を走破するなどこれまで公式戦全15試合に出場する、まさに欠かせない存在となっていた。

TSGホッフェンハイム TSGホッフェンハイムの最新ニュース