2022/11/16

ドイツ代表:ギュンター「若い頃は想像もできなかった舞台にいる」

©️picture alliance/dpa

 オマーン到着後に最初に行われたドイツ代表のプレスカンファレンスでは、通訳の手配がうまくいかなかったようで現地の記者とのやりとりがあまりうまくいかず、その結果「監督」にさえ間違えられていたクリスチャン・ギュンターは、同行していたドイツ人ジャーナリストラトの質疑応答に臨むことになった。

 「代表監督から電話がかかってきた時のことは、僕は一生忘れることがないだろうね」と明かした同選手は改めてフライブルクのクリスチャン・シュトライヒ監督とともに歩んできた道を振り返り、「Bユースの頃に、僕がこの道を歩むことになるなど、全くもって予想もできなかったことだよ」とコメント。「本当に大きな夢が実現した。そのために努力を重ねてきたんだ」と胸を張る。

 そして「ここに来た以上はぜひプレーしたい」とも宣言。A代表通算6試合という29歳の左SBは、ダヴィド・ラウムとの定位置争いに闘志を燃やしており、ただフライブルクの主将は「代表監督がどのような判断を下しても、自分の役割がどんなものであっても、常にチームのために100%力を尽くす」ことも併せて強調した。

SCフライブルク SCフライブルクの最新ニュース