2022/11/20

日本代表:遠藤航が練習参加、ドイツ戦に向けて朗報

©️Getty Images

 カタールワールドカップのグループリーグ初戦、ドイツ代表戦に向けて遠藤航が、日本代表の練習へと復帰を果たした。金鐘水曜日に日本代表はドイツ代表と日本時間22時より対戦が控えており、土曜日にアル・サッドSCの練習場でトレーニングに汗を流す遠藤航の姿からは、この試合の出場への期待感がさらに高まりをみせているところ。

 遠藤は11月8日に行われたブンデスリーガのヘルタ・ベルリン戦にて、相手選手との空中戦に臨んだ際に頭部を強打、脳震とうを起こしてそのまま病院へと搬送されており、翌日には退院したもののそのため、VfBシュトゥットガルトでの年内最終戦は欠場を余儀なくされていた。

 ただ日本代表にとって遠藤航の出場に目処がつきそうなことは朗報ではあるものの、一方で守田英正の状態はあまり芳しいものではなく、ドイツ代表戦までにまだ間に合う可能性は残されておりものの、先日のカナダ代表戦では筋肉系の問題で出場を見合わせている。

 今回の練習では15分間については公開形式で実施されているものの、その後は封鎖された中で準備を進めており、森保代表監督はこれから数日は主にこういった状況下で練習を行なっていく予定。日本のメディアによると同監督は、「自分たちのことに集中して、初戦のドイツ戦に向けて備えなくてはならない」と語ったという。

VfBシュツットガルト VfBシュツットガルトの最新ニュース