2022/11/24

FIFA、ドイツ代表の「口押さえ」に処分は無し

©️IMAGO/Ulmer/Teamfoto

 水曜午後に行われたワールドカップ・グループリーグ初戦、日本代表戦の開始前のチーム写真撮影の際、マヌエル・ノイアーらドイツ代表選手たちは、ジャンニ・インファンティーノFIFA会長の目の前で、口を押さえるジェスチャーを示してみせた。

 これは国際映像では放送されず、ドイツ国内ではドイツ国営放送が増設したカメラで捉えた映像で確認することができた。

 これは寛容性と多様性のためのシグナルを送るために、欧州7カ国のサッカー協会が「One Love」と書かれたキャプテン腕章の着用要望をFIFAに提示していたにも関わらず、その参加国の1つであるイングランド代表が試合を行う数時間前になって、使用した場合には処分が下されるとの通達がFIFAからなされたことに起因する。

 試合後ノイアーは今回のパフォーマンスについて「腕章を奪われても声と我々の価値観を奪うことはできない」とコメント。なおこの試合の数時間後には、特にこのことへの処分はないことが、FIFAから発表された。

ドイツ代表 ドイツ代表の最新ニュース