2022/11/25

ドイツでも浅野拓磨で大盛上り「ハンジ・フリック?誰?」発言で

©️imago/aflosport

 今年の4月、ドイツ代表ハンジ・フリック監督が、ブンデスリーガのTSGホッフェンハイムvsVfLボーフム戦を視察していたときのことだ。かつてブンデスリーガではシュトゥットガルト、ハノーファー96でもプレーしていた浅野拓磨なのだが、試合終了後に「ワールドカップ初戦であたるドイツ代表監督が、このスタジアムにいることを知っていましたか?」との問いに、浅野は「ハンジ・フリック、ですか?」と聞き返すと、「それは、何ですか?」と聞き返していたのだ。これが果たして本当に知らなかったのか、それともジョークであったのかはまだはっきりとはしていない。

 ただ火曜日に明らかであったことは、その浅野拓磨が火曜日の対戦を前にして、完璧な準備をしていたということである。60分あたりで森保一監督が投入した快速フォワードは、ドイツの守備陣にとって常に危険な存在となっており、スペースとギャップを見出して、最終的には逆転ゴールをも叩き込む。これには4月のインタビューも手伝いSNSでは大いに湧き上がり、これがドイツに敗北をもたらしたにも関わらず、所属先のボーフムも浅野へのゴールの祝福メッセージも送っていたのだ。

 「浅野拓磨と堂安律という、ブンデスリーガーの2人のストライカーが、ゴールを決めてくれたことが僕たちの勝利につながりました」とGK権田修一は、試合の勝利後にコメント。およそ7ヶ月前の浅野拓磨が語ったインタビューからまるで続いているかのような、勝利者インタビューのように聞こえるから不思議なものだ。ちなみに当時のkickerでは浅野の活躍の際に、以下の言葉で4月3日の記事を結んでいるので、最後にご紹介したい。

 『11月23日に行われるドイツ代表とのワールドカップ初戦でも浅野拓磨は再び、ドイツを相手にサプライズを演じてしまう、かもしれない。』

VfLボーフム VfLボーフムの最新ニュース