2022/12/22

バイエルン:ニューベル復帰不可なら、代案はヤン・ゾマー?

©️IMAGO/Buzzi

 マヌエル・ノイアーが今季絶望となったことにより、現在バイエルン・ミュンヘンでは新たなゴールキーパーの獲得が確実視されており、その第一候補として即座に動いたアレクサンダー・ニューベルに関しては、しかしながら思惑とは異なりなかなか早期決着とはいかない。現在2025年までの契約を結ぶバイエルンから、今夏までのレンタルで移籍中のASモナコ側にその決定権が委ねられているためであり、むしろ完全移籍での獲得さえ視野に入れるクラブ首脳陣との交渉は、復帰にむけた和解金も含めて一筋縄ではいかないのだ。

 またもう1つの懸念材料としてはニューベル自身、かつてノイアーとの親交が深いトニ・タパロヴィッチGKコーチとの取り組みについて否定的な発言がなされたという背景がある。ただしこれについてはバイエルン側はむしろ楽観的であり、実際にその発言はニューベル本人から語られたのではなく、あくまで代理人から口にされたものに過ぎない。いずれにせよ仮にニューベルの復帰が叶わなかったとしても、例えばボルシア・メンヒェングラードバッハのヤン・ゾマーなど、今季いっぱいで契約満了を迎える選手もいるため、なんらかの解決策はみいだせるはずだ。

 なおカタール・ワールドカップでは体調不良のために、準々決勝と3位決定戦で欠場を余儀なくされていたオランダ代表、ヌゼア・マズラウイについては、準決勝ではなんとか45分間のみプレーしており、長期離脱を不安視する必要はない模様。ちなみにバイエルンでは来年の1月6日から、そのワールドカップが行われたカタールの首都ドーはにてトレーニングキャンプを行い、12日に帰国。翌日にバイエルン・キャンパスにてRBザルツブルクとのテストマッチを行う。そこでは新たなゴールキーパーのチェックができるだろうか?

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース