2022/12/28

ノイアーに続き、ドイツ代表ラウムも休暇中に足を負傷

©️IMAGO/Uwe Kraft

 今冬にカタールで開催されたワールドカップにて、ドイツ代表の一員としてグループリーグ3試合で先発出場していた、ダヴィド・ラウム。最終的にドイツ代表は今大会においても、そのわずか3試合で早期敗退を喫することになるのだが、そこで休暇に入ったラウムが負傷を抱えていることが明らかとなった。

 これはSIDによって報じられたものでり、24歳の左サイドバックは足首の負傷のために、現在は所属元であるRBライプツィヒにて治療を受けているとのこと。今夏にホッフェンハイムから加入し主力として1アシストをマーク中の同選手だが、離脱期間は現時点では不明。

 ちなみにそのライプツィヒが年明け最初にブンデスリーガで戦う相手、バイエルン・ミュンヘンにおいても同様に、ドイツ代表としてカタール・ワールドカップで3試合に出場し、同じく休暇中に足に骨折を抱えたマヌエル・ノイアーが、今季残りを全休することが明らかとなったばかりだ。

ドイツ代表 ドイツ代表の最新ニュース