2020/05/29

各ブンデス18クラブにみる、1試合あたり最長走行選手


 火曜夜に行われたボルシア・ドルトムントとの一戦では、相手GK動きを読む見事なループシュートで、決勝弾を沈めて見せた、バイエルン・ミュンヘンのジョシュア・キミヒ。さらに同選手はこの試合で、今シーズン1試合あたりの総走行距離でも、最長記録をマーク。まさに縦横無尽に駆け回る素晴らしいパフォーマンスを披露した。そこでここまでのブンデスリーガにおける、1試合あたりの走行距離をランキング形式でチェックしてみよう。
フォルトゥナ・デュッセルドルフ:アルフレッド・モラレス(12.66km、第27節)
1.FSVマインツ05:レアンドロ・バレイロ(12.69km、第21節)
ボルシア・ドルトムント:ユリアン・ブラント(12.73km、第11節)
アイントラハト・フランクフルト:ジブリル・ソウ(12.8km、第18節)
FCアウグスブルク:ラニ・ケディラ(12.81km、第18節)
1.FCウニオン・ベルリン:マーカス・イングヴァルトセン(12.92km、第11節)
SCフライブルク:ルーカス・ヘーラー(12.97km、第12節)
ヴェルダー・ブレーメン:デイヴィー・クラーセン(13.01km、第27節)
ボルシア・メンヒェングラードバッハ(:ヨナス・ホフマン13.06km、第24節)
バイヤー04レヴァークーゼン:ラース・ベンダー(13.12km、第21節)
TSGホッフェンハイム:イフラス・ベブー(13.26km、第7節)
RBライプツィヒ:ディエゴ・デメ(13.44km、第14節)
VfLヴォルフスブルク:マキシミリアン・アーノルド(13.52km、第11節)
ヘルタ・ベルリン:ウラジミール・ダリダ(13.55km、第7節)
1.FCケルン:エリス・スキリ(13.59km、第28節)
SCパダーボルン:クラウス・ジャスラ(13.66km、第12節)
FCシャルケ04:アレッサンドロ・シェプフ(13.69km、第18節)
バイエルン・ミュンヘン:ジョシュア・キミヒ(13.73km、第28節)
 

Bundesliga Bundesligaの最新ニュース