2022/03/14

3ヶ月ぶりの起用で応えたパスラックを、ドルトムント指揮官が称賛


 ブンデスリーガでは今季開幕から先発メンバーに名を連ねていたものの、その後はボルシア・ドルトムントの観客席とベンチを行き来する日々を過ごしてきた、フェリックス・パスラック。しかしながら週末のアルミニア・ビーレフェルト戦では遂に、10月末のケルン戦以来となる今季リーグ戦5試合目となる出場機会を先発で手にした。
 実践としては昨年12月7日のCLベシクタシュ戦以来となった同選手について、マルコ・ローゼ監督は「彼はこのクラブと共に生きてきたまさに生え抜きの選手であり、そして全てのトレーニングセッションで常に全力を尽くし存在感をみせている素晴らしい若者」と称賛。これまでにも「起用されてもおかしくはない試合もあった」と認めつつ、今回改めて「いいパフォーマンスをみせ、オプションであることを示してくれた」ことに喜びをみせた。
 水曜日に延期されたマインツ戦でも再び、ヴォルフと共にパスラックが右サイドで起用される可能性は低くないだろう。コロナ明けとなりマッツ・フメルスとラファエル・ゲレイロは「回復しているが、今後の回復と練習の経過をみなくては」と指揮官は説明。マヌエル・アカンジもまだベンチ入りが関の山をいった所であり、日曜日ならば「確実に」オプションとなる見通し。病気で欠場したマルコ・ロイスについても、まだ具体的な復帰時期はみえていない。
 

ボルシア・ドルトムント ボルシア・ドルトムントの最新ニュース