2022/7/15

ホッフェンハイム、ダヴィド・ラウムの去就は?


 TSGホッフェンハイムにとって、もしもドイツ代表ダヴィド・ラウムを売却する事態に陥るとするならば、できることなら移籍金として4000万ユーロは見込むことができるだろう。そしてキッカーが得た情報によればプレミアリーグからの関心が寄せられており、特にニューカッスルとウェストハムが興味を抱いているようだ。
 ただし前者にとってはファイナンシャルアフェアプレーの影響によりなかなか手を出すことができず、また後者についてはラウムに移籍をなっとくさせるだけの材料に乏しい。ちなみにブンデスリーガ内で関心を抱いているののはボルシア・ドルトムントのみ。
 

ボルシア・ドルトムント の最新ニュース